読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outrage

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「クローゼット 〜ゲイ叩き政治家のゲイを暴け〜」 09年
監督:Kirby Dick


ゲイでありながらそのことを隠し、さらにゲイの権利を求める法案に反対票すら投じる「クローゼット議員」たちを追ったドキュメンタリー作品。「クローゼット議員」の同性愛遍歴を赤裸々に暴いていることでも、本国アメリカで話題を集めた。
from 松島・町山 未公開映画際HP


社会的な偏見や圧力からさまざまな困難を強いられるマイノリティ。
であれば当然、同じ境遇のもの同士助け合って‥というのが普通だと思っていたのだが、なかなかそう単純なものでもないようだ。
問題の根幹は政治家として成し遂げたいことがあっても、同性愛に対して寛容な姿勢をとってしまうと選挙に勝てないというアメリカの現状。
ハーヴェイ・ミルクを筆頭にカミングアウトを果たして見事議席を勝ち取っている人たちもいるが、それも少数派でなおかつリスクも高いらしい。ミルクは殺されてるし‥。
ただ思うことは、政治家として成し遂げたいことがなんであれ自分に嘘をついている人にどれだけの信頼を置けるものなのかということ。
この映画のあらすじをなぞっただけでは誤解される方もいるかもしれないが、この映画は決してゲイの人を貶めることを主題にはしていない。
ゲイであることが問題なのではなくて、ゲイであることを隠したまま、なおかつ同じゲイの人を弾圧すらする政治家を問題視しているのだ。
それとも彼らは公人の役割を帯びている限り自分の性的志向というものからその時ばかりは解放されているものなのだろうか。
考えれば考えるほど謎に満ちた存在が人間である。