読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高の騎士

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに買いました。

思えば僕のこの一年はこの人とともにありました。
きっかけはまず今年の初旬に公開されたチェンジリング



この作品で完全に涙腺を破壊された僕は、そのまま今度は今年の春あたりに公開されたグラン・トリノを見ました。


当然、泣きました。
でもそれだけじゃなくこの映画で僕は命の使い方、そして繋ぎ方を知りました。
映画を見た後にあれだけ景色が変わってみえたのは初めてで僕は一気にイーストウッドという人の虜になりました。
冒頭の本、実はその頃すでに本屋で見つけていたのですが、少しだけ中をのぞいてみるとどうやら過去の作品についてのインタビュー的な内容とのことで
「よし、じゃあイーストウッドの映画を全部見たらそのときに読もう」と、そう決めました。
それから近所のTSUTAYAであるだけの作品(イーストウッドが監督している作品が主)を借りて見ました。
実はまだ数作(愛のそよ風、ダーティハリー4、ホワイトハンター・ブラックハート)は見れてないのですがさすがに我慢の限界でついに手に入れました。
帰省時の最高のお楽しみです。ワクワク。


チェンジリング [DVD]

チェンジリング [DVD]

グラン・トリノ [DVD]

グラン・トリノ [DVD]

孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る)

孤高の騎士クリント・イーストウッド (映画作家が自身を語る)

  • 作者: マイケル・ヘンリー・ウィルソン,石原陽一郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 43回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る