読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み終わったもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義


世界の近・現代史の復習としてはまさにうってつけ。
いわゆる教科書的な過去から現在への単純な羅列ではなく、著者の言葉を借りれば”歴史を輪切り”にして各国の状況とその相関関係を俯瞰できるので理解も深まるし、なによりそうやって知る歴史は面白い。
現代史の解説本には池上彰さんの「そうだったのか!現代史」というこれまた名著がありますが、松岡氏のこの本はそれに加えて当時の哲学や文学などの文化的側面にも話題は及んでいて教養も深まります。
日本はなぜ文明開化からすぐに列強の一つに加わることになったのか。そしてなぜ世界大戦を仕掛けるまでに事態は急変していったのか。
一つの国からの視点からでは見えない事情がよく見えてきます。
この本の前段としてもう一冊別の本もあるようなのでそちらも読んでみようかな。