読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Lives行ってきました! #DragonAsh

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は久しぶりにカラッと晴れて暖かかったですね。もうさすがに寒さが戻ってくることはないと信じたいのですがどうでしょう。

地震の被害に遭われた方でまだ屋内に避難できてない方もいらっしゃると報道を聞きました。その方々のためにもせめて穏やかな気候であればと願いますがどうやら現地、明日は雨の予報みたいですね。みなさまが雨に打たれる前に避難できるといいのですが。
 
 
話は変わってつい先ほどDragon Ash Live Tour 2016 The Lives初日が終わりました。
これから行かれる人もたくさんいるので細かくは書きませんが、「どうせやらないと思うけどやってくれたら嬉しいな」と書いた曲、やってくれました笑
というかボクの一番好きなアルバムから5曲もやってくれました。(うち一曲はfantasista。やらないわけないからネタバレじゃないだろ!)それだけで超がつくほど満足です。
まさかこのタイミングであのアルバムの曲を期待する方がおかしいですからね。それが現状一番新しいアルバムのThe Facesの曲と合わせてライブの主軸としてセットに組み込まれていたんだから手放しで『賛!』です。
 
それ以外の曲で印象的だったのは『For divers area』でしたね。(みんなやるのわかってる曲だからry)
祝祭空間という言葉がこれほど似合う曲もないだろうと。
Kjが「ダンサーを入れたのはArrested Developmentみたいなカーニバル感がいいなと思ったから」というようなことを言ってたのを聴いたことがありますが、その狙いが最も表れているのがこれでしょう。
 
新曲もやってくれましたよ。「ゴリゴリの新曲です」と言って始まった曲が文字通りゴリゴリだったので「そういう意味で言ったんだ!」とちょっとおかしかったですが。構成も今までにない感じに凝った曲で、重めで、とここにきてまた新しい試みを始めてるようで次のアルバムへの期待が高まりました。
 
終盤、短めのMCで熊本の地震被害に遭われた方々に触れてからこの曲が演奏されました。
 
誰かにもらった優しさを次は誰かに差しだそうというメッセージが今夜は紛れもなく熊本に向かって歌われました。
会場では今回の地震被害に合われた方へ募金も行われており、このツアーのファイナルが九州ということで今後ロックミュージックを愛する人々からのわずかばかりの気持ちがどんどん膨れ上がり最終日には熊本に大きな愛が届くと思います!
 
まだちょっと興奮冷めやらぬ中で書いてるのでまとまりにかけますがとにかく楽しかった! これからの人楽しんで! 参加した事ない人、次はあなたもぜひ!
 

 

HARVEST

HARVEST