読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の嵐/いい話のジレンマ

ランニング 映画 音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kanye Westが新作The Life of Pabloをネット上で一般に販売開始したのでさっそく手続きするも一向にダウンロードリンクが送られてこないここトーキョー。どうやら同じようなトラブルが世界的に報告されているようなので安心。いや、安心しちゃダメか。蟹江さん、はやくリンクくださいね。

 

今日も強い風の中を走りました。

ほんと自分が走るときに限って風が強くなるのなんなのと思うのですが、とある地点だけ異常なほど風が強いのは完全にビル風というか地理的なものが影響していることは確か。ちょっとまともには走ってられない風力なのでいっそのことそこにタービン置いたら案外風力発電できんじゃね? とかなり浅はかな考えさえ浮かびます。

とは言え桜と春の嵐はワンセットっていう自然の摂理が世の儚さを体現しているようで意外と嫌いじゃなかったりします。

春の嵐という言葉を思い浮かべるたびに思い出すのはこんな曲。


春の嵐 - bonobos

 

 

突然ですけど、いい話好きな人っていますよね。

ちょうどいまさっきfbを見たらまた誰かが真偽不明のスター感動話みたいなのに『いいね!』してたので脱力したところです。

なんかしゃくなのでリンクも張りませんがおおまかに箇条書きで説明します。

・とある有名サッカー選手が主人公

・彼が養護施設にお忍び訪問し子どもたちとサッカー

・なぜかそこに新聞記者がいた

・学校から出てきた選手に直撃インタビューする記者

・「これは人気取りのためですか?」

・意地悪な質問に選手は「僕のほうが彼らからたくさん色んな物をもらってると思わないかい?」と聖人君子の返答

・記者は自分の底意地の悪さを反省

 

って、こんなあやしすぎる話を「いいね!」する勇気ボクにはありません。

同じように疑惑の目を向けて記事にコメントした人に「素直に感動できないなんて可哀想なやつだ」と反論する心のキレイな人がいらっしゃいましたが、多くのいい話クレクレさんって結局『聖痴愚』的な思い込みに毒されているだけでさ、養護施設っていうキーワードと清廉なイメージのあるスポーツ選手が、まさにそのイメージ通りの役割で配置されている話が好きなだけじゃん。

こっちからしたらこれこそ差別だろってなもんで、養護施設にいる子どもたちはみんな心が真っ白ないい子たちなのであるというイリュージョンを押し付けてるに過ぎないでしょう。

 

話はそれるけどいま話題の乙武さんにしたってブラックな部分があるのは人間だから当然だし、なにより昔から彼自身や吉田豪さんがガンガン暴露してるわけでさ。

youtu.be

 

それを身体障害者(および知的障害者)はいい人であるという「そうであってほしい願望」を守るために見ざる聞かざるで知らんぷりしてた人がヒステリックに「そんな人だと思わなかった!」とか騒いでも本人もいい迷惑なんじゃないかな。(念のため言っときますが不倫自体を肯定してるわけではないです)

 

ちなみに、世にはびこる「障害者はいい人たち」信奉者を逆手にとった快作に『リンガー! 替え玉★選手権』という映画がありますのでぜひご覧になればよいのではと思います。ま、そういうナイーブ(英語本来の意味で)な人は絶対手に取らないタイプの映画ですけど。

 

閑話休題。そもそもこの話がよもや事実だとは思えないのは、なぜか養護施設に居合わせた記者の「人気取りですか?」って質問の部分ですよね。なにこの非実在記者。すごい胆力だなー。百歩譲ってこの話が本当だとしたら、スター選手のうまい返しを賞賛する前に、このとんでもない悪意を持った記者に興味が湧くタイプです。この状況でこんなこと言えるなんてよっぽど壮絶な生い立ちなんだろうな、と。いい話クレクレさんもそこまで想像力働かせましょうよ! 彼(彼女)だってきっと好きでこんな質問したんじゃありませんよ。社会が、周りの人間が彼(彼女)をこんなにしてしまったんです。その背景にこそ問題意識をもち共に変革を起こしましょう!

 

ボクはなにもこういういい話がダメだと言ってるわけじゃなくて、SNSなんかで拡散されがちないい話の多くが根底に逆ベクトルに偏見を助長する仕掛けを施した巧妙なフィクションであることを懸念しています。

今回の話は有名人が実名で使われているところがさらに悪質。

『いい話』が好きでそれを拡散しがちな人が実際に優しくて思いやりのある人だからこそジレンマも深まります。僕のfb上でこの記事を「いいね!」してた人もめちゃいい人ですし。

 

「素直に感動できないなんて可哀想なやつだ」

ほんとこのコメントに集約されるなぁ。内容の真偽はどうであれ自分が信じたいものを信じることが素直さであるなら、それは思考停止なだけ。

あと、自分と違う意見をもつ人を可哀想なやつと切り捨てることができる絶対の正義観も怖いなあ。きっとこの話の主人公であるサッカー選手ならボクみたいな人間も否定せず受け入れてくれると思うんですけど、いかがでしょうか。