読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線にまつわる好きな話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

なんだか新幹線にまつわる話題をよく聞くここ最近。

 

北陸新幹線W7系、金沢に上陸 神戸から搬送 :日本経済新聞

 

車体陸揚げの写真がなんかカワイイ……。

気になるのは金沢駅の改札、新幹線導入で自動改札機も導入されるのかなあ。大きな駅で人の往来もあるのに人力の改札ってところに風情はあったけど。さてどうなるのでしょう。

 

 

こちらの話題なんかすごいワクワクする。

新幹線輸出、JR結集 安全性・4社の得意技PR 11カ国照準、欧・中に対抗:朝日新聞デジタル

 

ハード面はもちろんだけど、日本の新幹線はオペレーションの部分でもすごい競争優位性があると思う。日本の新幹線が世界の鉄道のスタンダードになったらいいなあ。

青山繁晴さんがラジオで言うには、イラクサマワに取材に行った時に現地の人は日本人が来たと分かると口々に「シンカンセン!シンカンセン!」とものすごい騒ぎになったらしい。「自衛隊が来たら新幹線を作ってくれる」なんて誤解もあったそう。

それくらい世界で新幹線の知名度と人気はすごい。

JR4社にはマジで頑張って欲しいです。

 

 

新幹線にまつわる話で僕が好きなやつ。

海外からの観光客に人気があるスポットは?って聞かれたら出るのは大体『富士山』とか『京都』あたり。

でも最近は姫路駅の人気が高まってるらしいです。

なぜか?

姫路駅のホームは時速300キロで走る新幹線が見られるベストスポットだからだそう。

日本人からすれば「そんなこと」と思うことでも海外の人が見ればとても魅力的になることがある。

そういう複眼的な観点に気付かされるお話でした。

日本らしさとか日本の良さは意外なところにあるのかもしれませんね。