読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールのごはんを食べてきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


東南アジアの雄、シンガポール
たちならぶ高層ビルに高級ブランドがひしめき合うモールなどベイエリアの成熟ぶりは凄まじい。
街の中心であるOrchardにいけば、あるわあるわの日本ブランド。
伊勢丹を筆頭にユニクロやまさかのダイソーまで。
日本食も選びたい放題で、特にラーメンやらたこ焼きなんかのカジュアルフードは潤沢。ゴーゴーカレーまであるのには驚いたな。


しかし、少し都心を離れればその国の原風景というかふつうの人々の暮らしを見られるのはどこでも同じ。
シンガポール在住の友人に連れられてきたのはホーカーと呼ばれる食べ物屋が集まる市場のようなところでした。



まずいただいたのは現地の定番チキンライス。



ほんのり味付けされたゴハンと柔らかいチキンを混ぜて、そこにチリソースやショウガのおろしたやつを加えて食べます。
これが驚くくらい美味しい!
パサパサのお米、もとから結構好きなんですがチキンライスとの相性がよすぎます。日本のふっくらモチモチ米じゃこうはいかないでしょう。


お次はこちらもこの国の人気メニュー、キャロットケーキ。



でも人参は一切入っていない(笑)
それどころかケーキですらないし。
メインの炭水化物を構成している食材も正体不明で、何が何やらな食べ物なのですが旨さは間違いなし。これは日本人の好きな味付けなので挑戦してまず問題ないでしょう。


シメはさっばりかき氷でもという提案に、願ったり叶ったりと浮かれているとお店のお兄さん、やたらと作業行程が多い。
そして出てきたのはこれ。



これだけで充分メシになるボリューム。
ちなみに頼んだのはイチゴミルク味なのに、真ん中にはっきりメロンシロップが。これ、決して間違いではなくこちらではこういうものだそうです。
内容は頂上からイチゴシャーベット、メロンシロップ、イチゴシロップ。もちろんミルクがかけられています。
大量の氷の下には正体不明の黒と透明のゼリー。一番下にはあずきが敷き詰められているという豪華絢爛なかき氷。
食べ終わったときには、暑い暑いシンガポールでなぜか体が震えていました。


紹介した料理はそれぞれ200円もあればお釣りがくる安さ。最高でした。


ちなみに僕が行ったのはチャンギ空港から3駅くらいのBedokというところのホーカー。
機会があればぜひ訪れてみてください。


チキンライスのお店は


キャロットケーキは


かき氷は