読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Yes Men:Fix The World

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「イエスメン2 〜今度は戦争だ〜」
監督:Andy Bichlbaum(The Yes Men)
   Mike Bonanno (The Yes Men)


笑いとともに、世界に対して挑戦を続けるアクティビスト集団イエスメン。 本作では、イギリスのBBCまでもが完全に騙されてしまうほどに巧みな『でっちあげ』会社や団体を立ち上げ、特定の企業やアメリカのニューオリーンズ州を相手取って、皮肉たっぷりに戦いを挑む。


以前に当ブログで紹介したイエスメンの活動を記録した映画「イエスメン」。その続編がこの「イエスメン2」だ。
今作も前作と同じく個人が立ち向かうにはあまりに巨大な相手に臆しながらもきっちりパンチを浴びせかけるスタイルは変わっていない。
しかし今作は前作に比べて映像作品としての見栄えにも配慮が行き届いている分だけメジャー感が増した。どうも軍資金が増えたようだ。
それに比例したのか、彼らの活動領域もすっかり広くなり、よってその影響の大きさも格段に増した。
なんせ企業の株価を億単位で動かしてしまうのだから。
今回彼らが攻撃を仕掛けたのはインドのボパールで起きた化学工場の爆発事故の責任を20年以上経った今でもじゅうぶんにとっていないユニオンカーバイド社(現在はそれを買収したダウケミカル社)に暴利をむさぼるエクソンモービルハリバートン。果てはハリケーンの被害者を救済せずに金持ち優遇を進めるニューオーリンズ市にまで狙いを定めてしまった。


この世を支配する不思議な理論を理解するのは簡単ではない。
そこでは倫理に照らせば誰もがおかしいと首をかしげるような行いがまかり通り、それによって多くの人が傷つき、少数の人が満面の笑みを浮かべている。
そこで彼らとともにゲラゲラ笑い、ときにハラハラしながら謎解きの旅へ出てみよう。
難しく思えた世界の理屈が簡単になり、立派だと思っていたエリート達の愚かさと滑稽さがよくわかるようになる。