いま最もハズさない東海テレビドキュメンタリー劇場からまたも傑作の誕生!映画『神宮希林』 

レーベル買いという言葉がある。 これは主に音楽を購入する際に、その作品がいったいどのレコード会社(レーベル)から発売されているのかを判断基準に購買決定をすることを言う。 例えば、インディ・ロックであればラフ・トレード、ダンス・ミュージックな…

気になるニュース from スーダン

このニュースに強く惹きつけられた。 CNN.co.jp : 改宗拒み死刑判決受けた女性、獄中で出産 スーダン なによりもまず問われるべきは信教の自由を認めないスーダンであることをここに明記して先に進む。 語弊を承知でこの表現を使えば“たかが”宗教のために彼…

小林秀雄の白熱教室! 『学生との対話』を読んで。

小林秀雄『学生との対話』 小林秀雄という人のことはよく知らない。名前くらいきいたことはあったけれど。 そんな男がどうしてこの本を手にとったのか。 ある信頼する読み手が言っていた。 「これは小林秀雄版『白熱教室』。万人に読んでもらいたい。この本…

「忘れる」という言葉に関するはなし

忘れられる権利が認められた。 CNN.co.jp : 「忘れられる権利」認める、グーグルにリンク削除命令 EU司法裁 - (1/2) 裁判で争われた内容も興味深いけれど、『忘れられる権利』という言葉に惹かれる。 忘れられる権利。 「忘れてしまいたい」という言葉は割…

出産・子育て奮闘記『ママだって、人間 』を読んだ。

田房永子(たぶさ・えいこ)さんの『ママだって、人間』というマンガを読みました。 きっかけは作家の樋口毅宏さんによる激賞コメントを読んだこと。 1人の人を、それも信頼に足る書き手であり読み手である人を動かした作品であれば読んで損はないだろうと。 …

新幹線にまつわる好きな話。

なんだか新幹線にまつわる話題をよく聞くここ最近。 北陸新幹線W7系、金沢に上陸 神戸から搬送 :日本経済新聞 車体陸揚げの写真がなんかカワイイ……。 気になるのは金沢駅の改札、新幹線導入で自動改札機も導入されるのかなあ。大きな駅で人の往来もあるの…

クロナッツ

なんでかここひと月くらいドーナツが好き。そしたらミスドでクロナッツが販売されたので物は試しにと買ってみた。これ、大好物でした。サクサクの食感がとにかく快感。ぼくパイ生地が好きなんですが、それよりもさらにサクサクが際立っていてたまりません。…

ノームコアって言葉で思い出したのはゆらゆら帝国だったって話

なんでも最近じゃ『ノームコア』なんて言葉が巷間言われているらしいじゃないっすか。 究極はジョブズ?今年の流行スタイルに「ノームコア」が浮上 | Fashionsnap.com 割りと曖昧な概念でおしゃれ識者の間でも定義がはっきりしないみたいですけど要はキメキ…

教養としてのプログラミング講座

この本ヤバかった。本の中で未来がどんどん前進してる。タイトル通り最低限の教養が欲しくて読んだら、インスピレーションに満ちた刺激的な本でした。オススメです。『未来を予測する最善の方法は、それを発明することである』 アラン・ケイ教養としてのプロ…

ホームレス理事長

映画『ホームレス理事長』 監督:土方宏史 http://www.homeless-rijicho.jp/ 映画『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』予告編 - YouTube この男は事実存在する! 熱血目情熱科脳内筋肉属の絶滅危惧種、それがNPOルーキーズ理事長の山田豪その人だ。 こ…

クセになる曲

この曲クセんなるわあ。 サビの「はっははあ」の部分。ここを聴きたくて何度もリピートする。 BUMP OF CHICKEN「ray」 - YouTube こういうささいなフレーズがたまらない曲ですぐに思い出すのはこれ。 「好きなのよ」の次の「はあはあはーあ」ね。 Yui CHE R …

What Maisie Knew

映画「メイジーの瞳」 監督:スコット・マクギー デヴィッド・シーゲル 主演:ジュリアン・ムーア 【物語の核心に触れる記述があります】 『キッズ・オールライト』製作スタッフが送るという宣伝文句が気になって観に行ったのですが、これ監督とか脚本は特に…

エレン・ペイジのカムアウト

カナダ人女優でハリウッドでも活躍するエレン・ペイジがゲイであることを表明したというニュースが数日前に話題になりました。 アメリカの人権団体であるHRC(human rights campaign)のカンファレンスに登場した彼女はその壇上で以下のようにスピーチしてい…

Before Midnight

映画「ビフォア・ミッドナイト」 監督:リチャード・リンクレイター 主演:イーサン・ホーク ジュリー・デルピー 若い二人のいじらしい距離に身悶え必至の『ビフォア・サンライズ』、運命かと思われた出逢いに訪れた長すぎる空白を一足飛びで縮めていく様に…

2013年下半期映画ベスト10

今年1年で観た映画は全部で103本。 そのうち上半期に観た中でのベスト10はこちらとこちらで紹介しているので興味があるかたはどうぞ。 今年観た映画のリストはこちらから。 下半期の映画のベスト10を並べます。 なにかの参考になれば幸いです。10…

The Company You Keep

映画「ランナウェイ/逃亡者」 監督:ロバート・レッドフォード 主演:ロバート・レッドフォード シャイア・ラブーフ 見応えのある映画でした。 過去に反戦組織に在籍していたこと、銀行強盗を行い警備員を射殺した実行犯として指名手配されている容疑者であ…

Trance

映画「トランス」 監督:ダニー・ボイル 主演:ジェームス・マカヴォイ 絵画盗難のドタバタの最中に失ってしまった記憶を催眠療法で取り戻しながら、どこかへ消えた画の行方を追いかけるというサスペンスかと思いきや、もうひとつの物語が突如並行して走って…

Chronicle

映画「クロニクル」 監督:ジョシュ・トランク 主演:デイン・デハーン 有名な役者は出てないし、監督もまだ若くて実績がないし、恋愛映画とか泣ける映画じゃないからなのかもしれないけど日本での公開がなかなか決まらなくて、決まっても東京だけの限定公開…

Days are gone - HAIM

LA出身の3姉妹のバンド。 Sound of BBC 2013でナンバーワンに選ばれたというニュースとその時に聞いた『Don't Save Me』でドハマりした。 このアルバムはイギリスのチャートで同週に発売だったジャスティン・ティンバーレイクの20/20 part2を上回る売上でな…

そして父になる

監督:是枝裕和 主演:福山雅治 尾野真千子 真木よう子 リリー・フランキー 予告編と話のおおまかな設定を聞いてすでに見たような気分でいたら思わぬしっぺ返しをくらった、とても気持ちのよいしっぺ返しだった。 取り違えられた二人の子供を育てた全く異質…

Nothing was the same - Drake

アメリカでの初週売上が68万5000枚を叩きだして、ジャスティン・ティンバーレイクが『The 20/20 Experience』で記録した今年一番の初動(およそ96万8000枚)に続く2番めの記録だったそう。 僕はアルバムの売上には事前プロモーションへの力の入れ具合…

不良日記 百瀬博教

「読書随時浄土」 この言葉にぶっ飛んだ。 秋田の獄(原文ママ)で6年の歳月を過ごす間、大学ノートに読んだ本の感想や日記を記していた百瀬さんがノートの表紙に書いていた言葉だ。 28で収監されるまで読書は女のするものだと思っていた百瀬さんはそこか…

選挙2

この記事を書いているのが7月20日。あと少しで日付が変わるところ。明日は参議院選挙の当日です。(書いていたら結局日付が変わってしまいました・・・) 僕が初めて投票行動をしたのは2004年。タイミングよく(?)アメリカ留学から夏休みで帰省して…

2013年 上半期映画 その2

さきほど「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」を観まして、上半期の最後の最後にけっこうガツンとやられたところです。トップ10に食い込まさせてもいいレベルなんですが前回6位までやっちゃって、上位もすでに固めてしまっているのでこのまま行きます。 …

2013年上半期映画 その1

自分でも引くくらい今年は映画を劇場で観ていまして、今の時点ですでに去年1年間で観た本数を超えてしまいました。 これでは年末に1年を振り返った時に紹介できない映画が多く出てしまう恐れがあるので、上半期でいったんベストを出してみるっス。 ちなみ…

건축학개론

映画「建築学概論」 監督:イ・ヨンジュ 出演:オム・テウン&ハン・ガイン&イ・ジェフン&スジ 本国で初恋ブームを巻き起こした!とかそんな触れ込みでプロモーションしてるし、こりゃあ相当な甘酢が期待できるなぁと鼻息荒くして見に行ったわけですよ。そ…

小学校での英語教育

政府の教育再生実行会議が先日、小学校からの英語教科化を提言したことが話題になりました。「英語学習」小学校から充実を、授業の現場の声は このニュースに関してとあるラジオ番組でコメントしていた識者の方のご意見がどうもしっくりこなかったので、どう…

Seediq Bale

映画「セデック・バレ」 監督:ウェイ・ダーション 主演:リン・チンタイ 1930年、日本統治下の台湾で起きた霧社事件を元に台湾史上最大のスケールで作成された映画セデック・バレを見て来ました。 台湾で起きた〜、なんてしたり顔で書いてますが実のと…

JIRO DREAMS OF SUSHI

映画「二郎は鮨の夢を見る」 監督:デヴィッド・ゲルブ 予告編を見てもらえば一発で理解いただけると思いますが、これはもう映画というよりアートと呼ぶに相応しい格調の高さと荘厳さのようなものを湛えた作品でした。 なにより映画に出てくる鮨の美味そうな…

Cesare deve morire

映画「塀の中のジュリアス・シーザー」12年 イタリア 監督:パオロ・タヴィアーニ ヴィットリオ・タヴィアーニ 2012年ベルリン映画祭で最優秀作品賞である金熊賞を獲得したタヴィアーニ兄弟による作品。 僕はこの映画が映画祭で賞を獲ったという事実は…